HOME きょうだい構成で性格は変わるか? 双子の心理と性格傾向

双子の心理と性格傾向

双子の出生率は、もともと100分の1といわれていますが、近年は不妊治療の発展にともなって増加傾向にあります。

双子は、やはり「まったく同い年のきょうだいがいる」という点で特殊だといえるでしょう。特に一卵性双生児の場合、顔かたちもそっくりですので、否が応でも周りから何かと比較される運命にあります。

そのため本人たちも互いにライバル意識を持ち、勉強やスポーツなどで張り合う気持ちが出てきます。ただしそれがいい方向に働けば、切磋琢磨し合える関係になるでしょう。

双子の性格傾向

性格傾向 双子は、特に一卵性双生児の場合、DNAの塩基配列が基本的にまったく同じですので、性格も似通いやすいと考えられています。しかし必ずしもそうではない点が興味深いところです。

特に日本の場合、昔から双子であってもわりと厳格に「兄(姉)」と「弟(妹)」の区別をつける家庭が多かったため、必然的に上の子と下の子では押しつけられる役割が違ったりします。ですからDNAが同じであっても、上の子は長男・長女的な性格に、下の子は末っ子的な性格になりやすいようです。

しかし実際に歳が離れているわけではありませんので、特に上の子のほうは「損な役回りをしている」と感じることも多いといわれています。たとえばタレントであり評論家である「おすぎとピーコ」の2人は、ピーコのほうが兄のため、何かと「あんたはお兄ちゃんなんだから…」と言われて育てられ、不条理を感じたと振り返っています。

実際、2人は一卵性双生児でありながら性格はまったく異なるといわれており、しっかり者の兄と、甘え上手な弟という図式が出来上がっているようです。

一方で、双子は歳が同じなだけにきょうだいゲンカも激しいため、自然と「譲り合い」の精神が養われやすいともいえるかもしれません。学校のクラスメイトの間で起こるトラブルが、そのまま家庭内で小さいころから勃発しますので、全体的に器用で世渡り上手な性格に育ちやすい傾向があるでしょう。

ちなみに異性同士の双子の場合は、やや事情が異なるようです。歳は同じでも性別が違うだけで、能力を比べられる機会は同性同士よりもやや少なくなります。ただしその分、今度は「男の子なんだから」「女の子なんだから」というジェンダー的な役割を与えられやすいといえそうです。

双子の気持ち

双子が言われてもっとも嫌なのは、「○○ちゃんはできるのに…」など、相方と比べられる言葉です。双子の人がひねくれずに素直に成長できるかどうかは、いかに比較されてこなかったかによる、といっても過言ではないでしょう。 つまり双子の人は、「自分という人間を丸ごと認めて受け入れてほしい」という欲求が強いといえそうです。

双子の子育てポイント

双子を育てる場合には、とにかく両者の能力などを比較しないことが一番です。いいところも悪いところも含めて、ありのままのその子を受け入れてあげることが大切でしょう。

またなるべくなら、上と下という序列をつけずに、対等に扱ったほうが性格のゆがみは少なくなるかもしれません。もともと双子であっても序列をつけていたのは、後継ぎなどの問題があったためといわれています。 そういうことの関係ない普通の家庭なら、特に役割を与えなくても問題ないはずです。

片方と比べたりせず、それぞれの長所を見つけて伸ばしてあげれば、双子も互いに気後れすることなくのびのびと成長できるでしょう。

双子の仕事

双子の場合、これといった職業の傾向はありませんが、フタを開けたら互いに似たような仕事をしていた、というケースは意外に多いようです。これはもともと興味の対象が同じだったという理由もありますが、小さいころからライバル関係にあったために、無意識のうちに「相手と同じジャンルで勝負しよう」とする意識が働くことも一因かもしれません。

また芸能人やアーティストの中にも、双子は非常に多くいます。結局はそれぞれの才能の問題ですが、双子の場合「生まれた時から周りに注目されることに慣れている」ことが関係している可能性もありそうです。 本能的に自分をアピールする技術を身につけていると、人前で活躍するような仕事で成功しやすくなるでしょう。

双子の恋愛

双子は小さいころから何かと比較されてきたため、自分の個性や内面に魅力を感じて受け入れてくれる相手と恋に落ちる傾向が見られます。たとえば見た目だけなら、一卵性双生児の場合は相方であってもいいということになってしまうからです。

ちなみに一卵性双生児の恋人を持つ人が、もう1人のほうにも同じ恋愛感情を持つかどうかについては個人差があります。「やっぱり同じ姿をしているから、ときめいてしまう」という人もいますし、「姿は同じでも性格がまったく違うから、恋愛の対象にはならない」という人もいるようです。

また双子が好きになる相手は、必ずしも似たタイプとは限りません。映画やマンガなどでもよく見るように、互いに異性の趣味がまったく正反対というケースも多いようです。