HOME きょうだい構成で性格は変わるのか 双子にまつわる不思議な話

双子にまつわる不思議な話

双子

普通の兄弟よりも珍しくて、不思議なイメージのある双子。特に一卵性双生児は鏡を見ているようにそっくりなので、見ているだけで不思議な気分になります。彼らの中には、実際に不思議なシンクロ体験をしたという人も多いようです。どうしてそんなことが起こるのでしょうか?

偶然の一致

双子が買い物に行くと、同じものを買ってきたりします。イメージ通り、趣味が似通うことはよくあるみたいです。双子の子供を持つ両親は、双子の片方が買い物に行って、後からもう1人も買いに行くと、お互いに相手が何を買ったか知らないのに、買ってきたものが同じで驚くことがあるそうです。

こんな話もあります。中国の江蘇省塩城市に住む袁嬌さんと袁艶さんは、身長も体重も同じ、そっくりな双子です。彼女たちが、大学統一入試を受けたとき、同じ点数を取りました。6位と7位の結果を取った二人は、同じ専攻に合格し、2人一緒に南京芸術学院に入学しました。双子で同じ点数を取るなんて、双子の共通性を感じさせるエピソードです。

片割れが怪我した場所

双子の片割れがけがをしたら、もう片方にも何かの形で現れることがよくあるみたいです。 例えば、離れて住んでいる双子のもう一人から怪我をしたと連絡があったとき、片割れはどこを怪我したのか、赤く腫れて痛くなったため、すぐにわかったという話がありました。

また、こんなエピソードもあります。ある双子の姉妹の妹が、帝王切開で出産しました。後日、姉のお腹を見ると、妹がメスを入れたのと同じ場所に、赤い線が浮き出していました。姉には思い当たる節がなく、気が付いたらこうなっていたそうです。離れた場所にいるというのに、どうしてこんなことが起こるんでしょうか。

ジム兄弟

数ある不思議な双子のエピソードの中でも、際立って奇妙なのがアメリカのジム兄弟の話です。彼らは1939年にオハイオ州で生まれ、すぐに里子に出されました。別々の親に引き取られたにもかかわらず、二人とも「ジム」と名付けられました。他にも、彼ら両方とも最初にリンダという女性と結婚するけれど、離婚して次にベティという女性と結婚する、息子にアランという名前を付ける、飼い犬の名前がトロイ、職歴が一緒で現在は二人とも保安官議員、ビールとたばこの銘柄が同じ、など数々の共通点がありました。

二人は自分が双子だと聞かされずに育ちましたが、片方のジムが自分は双子だと思ったことで、裁判所の尽力により39年ぶりに再会することができました。離れて暮らしているのに、似たような人生を歩むなんて何とも不思議です。好みが似ているのはまだわかりますが、名前に関しては自分で選べるものではないので、やはり双子には不思議な力が働いているように感じてしまいます。

聞かされていたわけではないのに、自分が双子なのではないかと感じたことにも驚きます。似たようなエピソードは、中国のグレースとエレンという姉妹の間でも起こりました。二人は別々に養子に出されましたが、グレースの方がなぜだかわからないけれど寂しいと言い始めたのです。それを聞いた父親はエレンを見つけ出し、姉妹は再会することができました。双子はどこかでつながっているのか、生まれてすぐに引き離されても、お腹の中の記憶が残っているのかわかりませんが、こんなことも起こるようです。

なんでこんなことが起こる?

双子の行動が似通ってしまうのは、遺伝的に同じなのと、ほとんどの場合成人するまで一緒に過ごすので、人生経験も同じようなものになるからだと考えられています。人が何かを選択するとき、遺伝的な好みと、それまでの人生経験に大きく影響されて選んでいます。どちらも同じである双子は、似た選択をしてしまいやすくなるようです。考え方も似るため、お互いの考えていることがわかったりと、以心伝心する体験も多くなります。

ですが、怪我をしたとき片割れにサインが出ることは説明のしようがありません。本人の選びようのないところでシンクロがたくさん発生することも理由がわかりません。双子には、科学で説明しきれない特別なつながりがあるのかもしれません。