HOME きょうだい構成で性格は変わるか? 上の子の心理と性格傾向

上の子の心理と性格

上の子の生育環境は

上の子の心理と性格最初に生まれた子は父母の愛情を一身に受けて育ちます。初孫なら、祖父母からの愛情もたっぷり注がれることでしょう。基本的に服やおもちゃは新品です。

お食い初め1才のお祝い七五三などの行事にも力が入りますし、ことあるごとに写真を撮ってもらえます。写真の数は間違いなく長子が一番です。

大切に育てられる反面、初めての子育てですから、心配が多く慎重です。食べ物や着るもの、身の回りの危険などに気を配ります。周囲の人も若い父母を心配し、様々なアドバイスをしてくれます。その結果過保護、過干渉に育てられることが多いでしょう。

しかし、下の子が生まれると環境が一変し、挫折感を味わうのも長子の特徴です。下の子が生まれると、両親の関心がそちらに移ってしまったように思い、寂しさを感じます。同時にがまんや下の子の面倒を見る役割を要求されます。

上の子の性格傾向

上の子の性格傾向は慎重でまじめ、面倒見がよい、負けず嫌いなどが挙げられます。

心理学的には、父母との結びつきが強いので父母の希望に添いたいとの気持ちが強く、期待に応えられるようにがんばります。本人に自覚がなくても、下の子に注がれる愛情を取り戻そうと、周囲の期待に応えて、積極的に兄弟の面倒をみたりします。幼い場合は逆に赤ちゃん返りをして親を困らせることもあります。

学校や社会生活では協調的な態度を取ることができます。下の子を率いてきた経験からリーダーとして皆をまとめることも多いようです。

男の子の場合

男の子は跡継ぎを意識することになり、よりプレッシャーは大きくなります。下の子が同性の場合、兄として手本を見せなければならないと感じます。年齢が近ければライバルのような関係になることもあります。

同じ習い事やスポーツをすると、切磋琢磨してお互いを向上させる場合が多いのも特長です。

一方で、男の子は親からの過度なプレッシャーがあると、親の期待に応えられない失望からひきこもりやウツになる人も見受けられます。

下の子が妹の場合、自分との違いを感じ、守ってやらなければと感じます。そこでやさしさやおもいやりの気持ちが培われます。

女の子の場合

女の子の場合は生活のあらゆる場面で下の子の面倒を見ることを要求されますので、しっかりものになることが多いです。時に兄弟に対して口うるさく、小さい母親のようにふるまいます。

下が弟であれば、勝気な性格になることが多いようです。表面的にはおとなしくても芯の強い女性に成長します。

下の子が女の子なら友達のような関係を築きます。女の子同士おしゃれや恋の話をしてお互い女性らしく育っていきます。男兄弟のようにライバルとして切磋琢磨するというよりは、一緒に遊んだり、相談し合うパターンが多いようです。

上の子の気持ち

親からの愛情は感じるものの、期待や干渉が重たく感じられるのも事実。下の子のめんどうをみるように言われるのも不満の種です。また、上の子は手本となる兄弟がいないので、不器用です。なにかと要領よくふるまう弟や妹をうらやましく思っています。

親に心配をかけることをきらうので、学校や会社での失敗や挫折などをなかなか言えない傾向があります。

上の子の子育てポイント

長男、長女というだけでプレッシャーがかかっているのが上の子。まじめなのでちゃんと親や周囲の期待に応えようと頑張ります。ですから、親が必要以上にプレッシャーをかけない方がよいでしょう。兄弟関係では兄、姉として尊重してあげましょう。同時に話しかけられたら上の子から順番に話を聞いてあげる、おやつを配るときも上の子からと、目に見える形で優先してあげることで、自分ばかり損をしているという気持ちが薄れ、下の子をかわいがってくれます。

上の子の仕事

まじめで責任感が強く、頑張り屋さんが多いので、仕事で信頼を得ることができるでしょう。基本的に親思いなので、親受けのよい職業、例えば公務員や教師、銀行員などを目指す人も多いようです。場を仕切っていくような立場になることもあるでしょう。しかし繊細でストレスに弱い面があるので、仕事でつまずいた時気持ちを切り替えるのが下手かもしれません。

上の子の恋愛

恋愛に関しても基本的に慎重です。相手の出方を見ている期間が長い傾向があります。上の子同士のカップルはお互いけん制し合って付き合うまでに時間がかかりますが、結婚すると堅実な家庭を築けるでしょう。

甘え上手な末っ子との相性もよく、おしどり夫婦になれる確率が高いでしょう。周りの目を気にするので、外でベタベタするのは苦手です。人目がないと急に甘えてくるので、ツンデレタイプと思われることも。

上の子はまじめで正義感が強く、コツコツとがんばるタイプが多いようです。しかし要領がいいとは言えないので、損をすることも多いでしょう。しかし男女ともに人当たりがよく常識のある人が多いので信頼を得やすいでしょう。社会的に認められ成功する確率の高いのが上の子気質です。