HOME 現代の子作りは大変です 女性のキャリアと「産み時」の問題

女性のキャリアと「産み時」の問題

女性のキャリア 不妊症に悩む女性がこれだけ増えた背景には、女性の社会進出と晩婚化があります。男性と肩を並べて受験戦争や就職戦線を勝ち抜き、キャリアの道に進んだ女性たちにとって、適齢期に子どもを産むことは非常に難しくなっているのです。

卵子の老化について知らされなかったキャリアウーマンたち

女性が社会で働くことが当たり前になった今の日本。それは女性の地位の向上をもたらした一方で、晩婚化による不妊という問題も生み出しました。

近年、「女性が35歳を過ぎると卵子の老化が加速する」という話が語られるようになり、NHKなどでも何度か特集が組まれています。21世紀のここにきて、ようやくその事実にスポットが当てられるようになったのです。

しかし既にキャリアの道を突き進んできたアラフォー世代の女性にとっては、「時すでに遅し」であるケースも少なくありません。「どうしてもっと早く、教えてくれなかったのか」-不妊治療をあきらめた女性たちの中には、そんな悔しさを訴える人もたくさんいます。

事実、女性の卵子の老化を止めることは今のところできません。男性の精子がどんどん新しく作られるのに対し、女性の卵子は胎児の時期から既に体内に持っているものだからです。つまり女性が重ねた歳の分だけ、卵子も歳をとることになります。

老化が顕著になった卵子は、受精しにくかったり、もしくは弱い受精卵になったりする可能性が高まります。また染色体異常も起こりやすいため、流産や胎児の先天異常といったリスクも高くなるのです。

出産適齢期は、仕事の足場を固める時期!

卵子の質から考えると、出産に適した年齢としては20代~30代前半ということになります。しかし大学を卒業してキャリアの道に進んだ女性にとって、これくらいの年齢は足場を築くための大切な時期です。「そろそろ出産適齢期なので、いったん仕事から離脱します」というわけには、なかなかいきません。

特に若ければ若いほど、会社でもまだ十分なポジションを得ていないため「代わりはいくらでもいる」ということになってしまいます。仕事である程度の結果を出し、「そろそろいいかな」と思った時には既に30代に突入している女性が多いでしょう。

しかも人によっては、そこからまず「婚活」を始めなくてはいけないこともあります。雇用不安なども手伝って、今の男性たちは結婚に逃げ腰になっている人が多いですので、結婚相手を見つけること自体が簡単ではありません。

そうこうしているうちに30代半ばはあっという間に過ぎ、出産のタイムリミットが迫ってきます。現代の女性たちは本当に大変です。

しかし少子高齢化が進む今の日本では、女性の労働力も大いに必要とされていますので、国は女性のキャリア進出を今後も推進していくでしょう。つまり女性の労働が少子化につながっているのに、少子化が女性の労働を必要とするという皮肉な仕組みになっているのです。

これらを同時に解決するために、国は育児休暇などの環境整備と、保育所の増設を考えています。つまり「子どもはちゃんと産んでください、そして産んだ後はなるべく早く社会に復帰してください」ということです。 女性が望む望まないに関わらず、社会は確実にその方向へと進んでいます。

働きながら子どもにきょうだいを作ってあげるのは大変

しかし実際は、子どもを2人以上産みながら、前と同じように社会復帰することは難しいのが現状です。巷には、「育休をとって1人産んでからすぐに仕事に戻るか、それともいったん完全に仕事をやめて2人目まで考えるか」で悩んでいる女性もいます。

というのも育児休暇の制度は、当然ですが復職の意思のある女性のためのものであり、その間は給付金がもらえたり、社会保険料を免除してもらったりというメリットがあるからです。 ですから育休が明けてすぐに2人目を授かったりすると「また!?」という目で見られることも多く、タイミングが難しいといわれています。

ちなみに育児休暇中の給付金は、休業してから180日目までの間、給与の67パーセントが支払われます。2014年3月までは50パーセントの金額でしたので、額はかなり上がったことになります。 とはいえ、そのぶん何度も取得してしまうと周りの目が気になり、躊躇してしまう女性が多いようです。

実は専業主婦になりたい若い女性たちも多い!?

今後は、前述した通りさまざまな環境整備が進み、女性が働きながら子どもを育てやすい社会になっていくと思われます。また今の若い女性たちは、不妊治療に苦しむ先輩女性たちのケースを見ていますので、これからは出産を見据えた将来設計ができるようになる可能性が高いでしょう。

ただし一方で、若い女性たちの3人に1人は「専業主婦願望」を持っている、という調査結果も出ています。すべての女性が、男性と肩を並べてバリバリ働きたいと思っているわけではなく、単に生きていくために仕事をせざるを得ない女性たちも実は多いようです。

特に震災などの影響で家族のきずなが見直されている昨今、キャリアに生きるよりも子どもとたくさん触れ合う時間がほしい、と思い始めている女性は実際たくさんいます。しかし女性たちも、今や国にとって重要な働き手にされてしまっていますし、男性たちも自分1人の稼ぎでは不安な世の中です。 ですから女性が家にいることを望んでも、時代の流れがそれを許してくれないというのが本当のところなのかもしれません。